検索

外出自粛や休校明けの子ども、運動再開で急増する「疲労骨折」


 全国的に新型コロナウイルスの感染状況が落ち着く中、ワクチンの接種も進み、感染者数も大幅に減少していますが、ここまで続いたコロナ感染拡大による外出自粛の長期化で、運動量が減ったことが原因・有因と考えられる整形外科疾患が今、増加しています。


 コロナ禍で歩く時間が少なくなり、ひざを動かすことが減って関節が固くなり、歩いたときに音がしたり、足の踏ん張りがきかなくなったりといった違和感を訴える方が、高齢者だけでなく40〜50代の中年世代にも増えており、「コロナひざ」と呼ばれています。家にいる時間が長くなると、座る時間も長くなります。長時間座った姿勢が続くと、ひざが曲がったままになり、関節のまわりの筋肉が固まります。そうすると、動き始めるときにひざへの負担が大きくなり、痛みや違和感を感じます。悪化すると変形性ひざ関節症を発症する恐れがあるので、注意が必要です。


 また、日本臨床整形外科学会が行った全国アンケートでは、自粛後における身体の変化で、高齢者の間に足腰が弱くなり、速く歩けなくなったり、つまづきやすくなったり、階段が昇りづらくなったりするなどのロコモティブシンドローム(運動器症候群/運動器の障害のために移動機能の低下を来した状態)、いうなれば「コロナロコモ」が増えていることも分かっています。


 骨粗しょう症や骨折の患者さんも全国的に激増しているようです。骨密度は、運動によって骨に負荷がかかることで高まります。通勤や買い物などの外出程度の運動であっても、骨の健康維持には重要なのですが、その運動さえもやらなくなったことで、骨が一気に弱くなったと考えられます。


 また、これまで骨粗しょう症で通院していた患者さんでも、コロナの感染を恐れて受診控えし、悪化させてしまったケースもあるでしょう。そして、骨粗しょう症を放置すれば、骨折しやすくなります。


 一方、外出自粛や休校、部活の休止などにより体力が低下したまま、強い負荷のかかる運動をした子ども(小中高生)のけが、特に疲労骨折の急増も全国的な問題になっています。骨は常に破砕細胞により破壊・吸収され、一方で、骨芽細胞により修復・強化されています。疲労骨折は、この破壊と修復のバランスが崩れたときに起こります。自粛期間中に体力や体の機能が著しく低下し、自粛明け、部活動などが再開したとき急激な運動量や運動強度の増加に造骨力が追いつかず、疲労骨折を起こしたのです。


 前置きが長くなりましたが、今回のテーマは「疲労骨折」です。


 普通の骨折は、強い衝撃が骨に加わることで起きますが、疲労骨折の場合は、運動などで骨に軽い負荷が繰り返し加わることで起きます。針金やスプーンの柄の部分を何度も繰り返し曲げると、折れてしまいますよね。これを金属疲労といいますが、疲労骨折も同じような原理です。走る、跳ぶなどの動作を繰り返し行っていると、骨にレントゲン写真にも写らないような小さなヒビが入り、そのヒビが自然に修復される前に再び同じ動作が繰り返されることで、骨が耐えきれなくなり最終的に折れてしまいます。


 一般的に疲労骨折は、日々運動を行うスポーツ選手、また中高生、大学生など部活で激しい運動習慣のある人に多くみられます。また、小学校から中学、中学から高校に進学する春先、運動部に入って急に競技を“頑張りすぎた”人にも起こりやすいです。発育期の十分な骨と筋肉の強度とバランスを持っていない子どもが、短期間に集中的なトレーニングを行うことによって発生します。あらゆるスポーツで疲労骨折は起こりますが、サッカーにおける足の外側の骨、バレーボールや走り高跳びなど跳躍系の選手や長距離ランナーにおけるすねの骨、テニスや剣道における腕の骨など、好発部位はスポーツの種目によって特徴があります。


 ちなみに、スポーツをしていない人でも疲労骨折になる可能性はあります。身近な例としては、ぜんそくやかぜなどで長い期間せきを繰り返していると、肋骨への軽い衝撃が積み重なって疲労骨折を起こすことがあります。また、中高年の方は過度なジョギングはすねや腿の骨などを、長距離のウォーキングは足の甲の骨などを疲労骨折してしまう危険性があるので注意してください。


 足などに痛みが出たため、レントゲンを撮ったけど、異常が見つからないので、無理をして練習を続けていたら…というのは疲労骨折を起こしやすい危険なパターンです。外傷のないままひびが入っているため、本人も保護者も骨折とは思っていないケースが多いです。


 また、集中して練習した後に痛みが出て、休むと良くなるけれど、また練習を始めると痛みがぶり返す…というのも疲労骨折が疑われるパターンです。筋肉痛くらいにしか思っておらず、これくらいの運動で骨折の疑いがあることに驚いたという患者さんも多いです。


 疲労骨折は痛みが出た直後にレントゲンを撮っても病変(骨折線)が見つからないことが多いのが厄介な点です。痛み始めの時期は、骨の損傷も軽微なので、レントゲンに写るほど変化していないためです。医療機関でも練習のやり過ぎによる筋肉痛などと診断されてしまうことがあります。しかし、そのまま激しい運動を続けると、症状は悪化します。運動時に痛みの現れるタイミングが次第に早くなり、さらに進行すると、運動できなくなるほど強く痛むようになり、やがて安静時にも痛みが続くようになって日常生活に支障を来たします。


 疲労骨折は、早期発見・治療が重要で、当然ですが早く受診すれば、早く治り、競技への復帰も早いです。反対にこじらせると、数カ月〜1年以上も骨がうまく元に戻らない難治例に進行してしまうことも。レントゲン写真だけでは分からないことも多いため、すねや足の甲などに痛みがあるなら、念のため、MRIのある整形外科でよく調べてもらった方がいいでしょう。


 治療は、患部に負担をかけないよう安静にするのが原則です。松葉づえや足底板などの装具を使うこともあります。骨がずれるなどの重症でない限り、手術をすることはほとんどありません。3〜6週間を目安に競技復帰できます。


 ただ、疲労骨折が完治し、ようやく競技に復帰しても、また時間が経つと同じように痛みが出てしまうケースも少なくありません。そうならないためには、①成長期には、骨の成長スピードに筋肉の発達が追いつかず、筋肉が固くなって柔軟性が低下しているので、運動前にアキレス腱などを十分にストレッチすること。固い地面などの練習環境も関係するので、クッション性に優れたシューズ選ぶこと、②オーバートレーニングにならないよう、適切な休養を取ること(これは、ご家族や指導をする立場にある方が疲労骨折の発症・再発のリスクを知り、対応していく必要があります)、③整形外科医といっしょに疲労骨折の原因となった動作や練習を分析し、特定の骨に負荷が集中しない運動動作を身に付けること、などが重要です。

最新記事

すべて表示