top of page

Blog.

ブログ

検索

 北海道のこれからのシーズンは雪の量も増えて、寒さもきびしくなります。市街地の雪道は除雪が行き届いているところが大半ですが、それでも多くの人が滑って転んでしまうことも珍しくありません。特に朝晩の冷え込みでツルツルに凍った路面は要注意です!!

 今回は、転びにくい雪道の歩き方を紹介します。

 

転ばないためのコツ


1,前方と足下の一歩先を見て歩く

車の運転中、頻繁に前後左右を確認するように、雪道を歩くときは常に前方だけでなく、次に足を下すところをある程度確認しながら歩きます。

歩きスマホは滑りやすい路面では大変危険です。インターネットを使って地図などを見る際には必ず止まって確認しましょう。

 

2,歩幅を狭く、足裏全体を使って歩く(すり足)

 通常、歩くとき踵から上げ、つま先で蹴り、足をつくときには踵から地面につきます。しかし、雪道では「足全体を平行にあげ、足全体を平行のまま下す」くらいの感覚で歩くと、地面につく足の面積が広くなり、滑りにくいのです。ツルツル路面に耐えられるように、靴底をしっかり地面にあてるようにしましょう。体は若干前かがみにして、膝を曲げ、重心を前にして歩くと安全です。

 

3,重い荷物は背負います

 重心のバランスを崩さないためには、大きな荷物や重い荷物を片手に持たないことです。片方に比重が傾くと左右のバランスが悪くなり、転倒の原因になります。両手で荷物を持つという行為は、万が一転んだ際に大けがにつながるので、荷物が多いい場合は、リュックのような両手が空くバッグをお勧めします。

 

4,歩く道を見極める

 雪道で転ばないためには転びにくい道を見極めることが大切です。

店舗の駐車場の出入り口など、車の出入りが多い居場所は雪が車のタイヤで押し固められ、ツルツルになり滑りやすくなります。横断歩道は車や人がたくさん通るので、雪が踏み固められツルツルになります。また、車の熱で雪の表面が融け、融けた雪が再度凍結することで滑りやすくなります。

 他にも、地下鉄、地下街、バス・タクシーの乗降場所などがあります。

比較的滑りづらい道は、新雪でふかふか状態になっている道や、滑り止めが敷かれた道、ロードヒーティングが入っている道があれば優先的に選んで歩くようにしましょう。

 

5,滑らない靴を選ぶ・靴底に滑り止めを付ける

 雪道を歩くのに適した冬靴を履きましょう。

冬靴は、「防滑性に優れている・防水性に優れている・保温性に優れている」という特徴があります。

 また、アタッチメントと呼ばれる脱着式の滑り止めを靴に付ける方法もお勧めします。

アタッチメントは、つま先や踵だけに付けるタイプと、靴全体に付けるタイプがあります。

 

ぜひ、雪道で転ばない歩き方を参考にしてみて、冬を乗り切ってみてはいかがでしょうか。




 みなさんは股関節を曲げたとき、お尻周りに突っ張るような痛みを感じたり、股関節の前側に何かが挟まる(詰まる)ような痛みを経験したことがある方はいらっしゃるでしょうか?

 その症状がひどくなってしまうと、しゃがむ動作や座る動作などの日常的な動きに支障をきたす場合もあります。そこで、今回はこのような症状がなぜ起きるのか、どのように対処を行えばいいのかを考えていきたいと思います。


●股関節の構造

 股関節とは、太ももの大きい骨である大腿骨の付け根にある球状の大腿骨頭部分、受け皿である骨盤の寛骨臼からなる球関節という構造で成り立っています。この球関節というのは関節の運動軸が多数あり、それにより可動性が高い関節構造であると言われています。

 加えて、股関節は寛骨臼が大腿骨頭をすっぽりと覆うような構造になっているため、他の球関節と比べて安定性の高い関節となっています。また、実際は骨だけでなく股関節周囲の筋肉や靱帯によって、さらに関節の安定性を向上させています。このおかげで股関節は、曲げる・伸ばす・脚を開く・脚を閉じる・捻るなどの自由度が高い動きを安定して行うことができています。


●股関節の働き

 前述したように股関節は可動性・安定性が高く、様々な場面で活躍している関節の一つです。特にその働きの中でも膝関節や足関節と同様に、歩く・立つ・座るなどの日常生活動作における『体重の支持』という面で重要な役割を果たしています。以前、当院ブログにて触れたこともありますが、体重 60 kg の人間が両脚で立っている場合、左右の股関節にはそれぞれ体重の約1/3である約 20 kg の負荷がかかっていると考えられています。これが歩行中には体重の2~4倍である 120 ~ 240 kg 程度、走行中であれば体重の約4~5倍である約 240 ~ 300 kg 程度の負荷がかかります。

 このような負荷を関節や靱帯、筋肉によって支えることで、人は日常生活を送ることができるようになっています。逆に、関節や靱帯、筋肉などのどれかに問題があると荷重に対するバランスが崩れてしまい、歩く・立つ・座るというような日常生活動作を十分にできない状態になってしまう可能性もあります。それだけ股関節による体重の支持は生活において重要な役割を担っています。


●股関節のつまり感の原因

 股関節のつまり感は様々な原因や理由で生じることがあり、人によっては股関節に何かが挟まるような痛みとして感じることがあります。その代表的な一例として大腿骨寛骨臼インピンジメントというものがあり、寛骨臼縁と大腿骨頚部が衝突し周辺組織を傷つけ痛みを引き起こしてしまう状態のことを指します。

 これは元々の大腿骨頚部や寛骨臼の形状が原因であることが考えられており、主な症状として、股関節の引っ掛かり感、鼠径部や大腿外側の動作時痛、歩行や階段昇降時の股関節痛などが挙げられます。これらの症状が持続してしまい適切な対処が出来なかった場合、股関節を構成している関節唇や関節軟骨の損傷を引き起こす可能性があり、それらがまた股関節周囲の痛みやつまり感を生じさせてしまうことがあります。

 他のつまり感の原因として、お尻周囲の深層の筋肉が硬くなり大殿筋や中殿筋などが上手に使えなくなることが挙げられます。これにより、関節運動を行う際に股関節の前後で筋肉のバランスが取りにくくなり、股関節の前方で衝突が起きてしまいつまり感や痛みが生じてしまいます。この症状も生活の何気ない動きを制限してしまうことがあり、続いてしまうと他の部位でかばってしまい、その部位でも痛みを生じさせてしまうこともあります。


●改善や予防するにはどうするか

 まず、大前提として元々の骨の構造上の問題は、運動やストレッチというような方法で根本的に改善することは難しいです。しかし、股関節の負担軽減や痛みの軽減、安定した関節運動の獲得に関してはある程度可能であると考えられています。

 骨の構造に問題がなく筋力や筋のバランス、柔軟性の低下に問題がある場合においては、運動やストレッチ、温熱治療、電気治療等が有効であり症状の改善を図ることが期待できます。また、リハビリ治療以外にも普段の生活/仕事動作や姿勢などの見直しも重要であると考えられています。

 

生活/仕事動作の中で起きやすい悪い例

      ・長時間座ったまま作業を行う

      ・頻繁に前かがみになった状態で家事を行う

      ・がに股など崩れた姿勢で歩く  など

 

 これらが継続して行われてしまうと股関節周囲の筋肉などに過剰なストレスが加わってしまい、股関節の不調を引き起こしてしまいます。したがって、可能であれば作業や家事の合間に姿勢を変える時間を設けたり、途中で休憩を挟んだりとご自身でケアを行うことにも着目していただけると、症状の改善や予防がよりしやすくなると思います。


●最後に

 今回は股関節のつまり感について書かせていただきましたが、当院リハビリテーションでも運動やストレッチ、温熱治療や電気治療などが可能です。また、具体的にどのような姿勢に気をつければいいか、自宅でどのような運動やストレッチを行えばいいかなどのアドバイスもさせていただいております。今回の記事の内容に当てはまる方やご興味のある方は当院医師やリハビリテーションスタッフにぜひご相談ください。





<参考・引用文献>

伊藤 鉄雄.股関節のバイオメカニクスとその臨床応用,臨床理学療法,1976,2(4),

p.3-10.

竹内 孝仁.股関節疾患の理学療法,臨床理学療法,1982,8(4),p.349-367

 

 年齢を重ねると、複数の病気を持つ⼈が増え、受診する医療機関や服用する薬の数も多くなる傾向にありますが、複数の医療機関から処⽅された同じ効能の薬を重複して服⽤したり(重複服薬)、多くの種類の薬を服⽤することで(多剤服薬)、薬本来の目的以外の好ましくない働き(副作用) が起きる場合があります。


●重複服薬とは


重複服薬とは、複数の医療機関にかかっている場合に、同じ効能の薬が重複して処方され、それを服用することです。


多剤服薬とは


多剤服薬とは、多くの種類のお薬が処方されて、服薬することです。一般的には 4 - 6 種類以上の薬をのんでいる場合をいいます。 ただ、病気の中には、治療に適正な薬の数が 6 種類を超える場合もあり、一概に全ての多剤服薬がよくないとは限りません。


●重複・多剤服薬の問題点


○薬の副作用リスクが高まります。

処方薬の効き目が強くなりすぎたり、他の薬同士の飲み合わせ(相性)が悪く、逆に体の不調を招いたり、副作用のリスクが高まります。

同じ効能の薬を重複して服用したり、多くの種類の薬を服用することで、副作用を起こし、きちんと薬が飲めなくなったりしている状態をポリファーマシーといいます。


○医療費の負担が大きくなります

同じ効能の薬を複数処方されれば、その分医療費を無駄にすることになります。服薬を見直すことで、日々の医療費を節約できる可能性があります。 


●ポリファーマシーの予防・解消のために

 

重複・多剤服薬の結果として生じるポリファーマシーを予防・解消するには、ただ処方する薬の数や量を減らせばいいというわけではありません。薬を処方する医師、調剤を行う薬剤師をはじめとした医療にかかわるそれぞれの専門家と情報を共有することが必要です。


お薬手帳は1冊にまとめて、受診時に必ず持参しましょう。


お薬手帳の内容をもとに、薬剤師が重複服薬や副作用が起きないかなどチェックしてくれます。また、お薬手帳を複数持っていると、処方された薬が重複しているか確認することができません。お薬手帳は病院や薬局ごとに分けずに 1 冊 にまとめておきましょう。


かかりつけ医・かかりつけ薬局を選びましょう。 


同じ病気で複数の医療機関を受診することで、医療費も余計にかかります。 ふだんからかかりつけの薬局や薬剤師を持って、処方されているくすりの情報を把握してもらっておくのが安心です。自己判断で服薬を中断せず、薬が重複しているかどうかの確認は、お薬手帳を持参して頂き、医師・薬剤師に相談して下さい。




bottom of page