top of page

Blog.

ブログ

検索

 当院では、必要に応じてX線(レントゲン)検査とMRI検査による画像診断を行っていますが、それぞれの検査はどう違うのか、と質問されることがあります。


 そこで、今回はX線検査とMRI検査の違いについて簡単に説明していきたいと思います。

 

 まず、X線検査は、放射線の一種であるX線を体に照射して画像化する検査です。身体の内部の骨の状態を評価するために使用され、骨折や関節の変形などを確認するのに適しています。ただし、一方向からX線を照射し、画像化するため、詳しく診るためには体の向きを変えたりしていろんな角度から照射する必要があります。1回1回のX線照射時間はとても短いため、どこの部位を何回照射するかにもよりますが、大体5~10分程度で検査は終わります。


 次に、MRI検査は、磁気共鳴イメージングの略で、磁場と電磁波を使用して身体の内部の構造を画像化する検査です。X線検査と違い、放射線を使用しない為、被ばくすることはありません。


 X線検査は一方向からの画像に対して、MRI検査は身体を輪切りしたような任意の断面像を得ることができます。そのため、病変と身体の内部の組織や臓器との前後左右の位置関係が把握しやすいです。また、筋肉や軟骨、臓器などの軟部組織や神経組織などの描出に優れているため、脊椎や軟骨の損傷などを診断するのに適しています。さらに、出血や炎症などの変化も描出できるため、X線検査だけでははっきりとしなかった骨折(隠れ骨折)などの診断にも役立ちます。ただし、強力な磁場と微弱な電磁波の変化によって画像化しているため検査時間は長く、大体15~30分程度かかります。


 つまり、X線検査は骨の状態(骨折や変形など)を評価、MRI検査は軟部組織や神経組織などの詳細な情報を描出するのに適しており、どちらの検査も整形分野で重要な役割を果たしています。どちらの検査にもメリット・デメリットがあり、症状や状況に応じて、医者が適切に判断し、必要に応じてどちらの検査も組み合わせながら診断していきます。


 ただし、妊娠中の方やペースメーカー装着の方など検査が禁忌の場合もありますので、疑問な点は診察時にご相談ください。







 腰痛を引き起こす原因の一つに、運動不足による腰回りの筋肉の衰えと、柔軟性の低下があります。背骨を支える力が低下すると、背骨や腰椎にかかる負担が増えて、痛みにつながったり、筋肉が凝り固まった状態が続くことで血流が滞り、痛みを生み出す発痛物質が放出され、さらなる痛みにつながっていると考えられます。


 背骨は、椎骨と呼ばれるブロック状の骨が 32 ~ 34 個積み重なってできていて、頭のほうから順番に「頸椎」「胸椎」「腰椎」に分かれています


 腰椎は、5 つの椎骨で構成され、その下に仙骨、尾骨とつながっています。

腰椎を支える役割として筋肉と靭帯があります。正常な腰椎は前方に緩やかなS字カーブを描いています。しかし、腰の周りにある筋肉が衰えると、腰椎にゆがみが生じてカーブが大きくなり、腰痛がおこりやすくなるのです。


 そこで、腰痛改善に効果的な筋力トレーニングやストレッチを一部紹介したいと思います。低下している腹筋と背筋の両方をバランスよく鍛え、緊張した筋肉をほぐして血行を促進することで腰回りの筋肉が柔らかくし、可動域を広げることで腰椎への負担が軽減されます。


【腹直筋を鍛える筋トレ】:本来のS字カーブを維持できるようになります

1. 仰向けに寝て、両膝を立てます

2. 両手は膝頭に当てます

3. 息を吐きながらゆっくりと上体を起こします

4. 上体を引き上げた状態で 1 ~ 2 秒静止します

5. 息を吸いながらゆっくり元に戻します

6. これを 5 ~ 10 回繰り返します


【脊柱起立筋を鍛える筋トレ】:腰痛、猫背の予防・改善にも役立ちます

1. うつ伏せになり、両肘を立てます

2. 息を吐きながらゆっくり肘を伸ばし、上体を起こします

3. 上体を起こしたら 5 秒間キープします

4. 息を吸いながらゆっくりと元に戻します

5. これを 5 回繰り返します



【腸腰筋のストレッチ】

1. 足を前後に開き、後ろ側の足で膝をつきます

2. 両手を前側の足の膝に置き、少しずつ上体を前にスライドさせます

3. ゆっくり元に戻します

4. 反対側も同様に行います


【腰方形筋のストレッチ】

1. 四つん這いの姿勢をとります

2. 息を吐きながら、ゆっくりと背中を丸めます

3. 四つん這いの姿勢に戻ります

4. 息を吸いながら、背中を反らしてお尻を突き出します

5. 1 ~ 4 までを 5 回繰り返します


最後に、腰痛は急性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰部変形性脊椎症など、様々な原因が考えられます。自分でできる対処法を試しても改善が見られない場合には、一度医師に相談し、MRI撮影などを行い、正しい診断、治療を受けましょう。







 医療機関を受診する際に必要になる保険証ですが、「手続き中でまだ手元にない」「今持っているものは失効していて新しいものはまだない」など受診する日に有効な保険証がないときはどうしたらよいか迷われてしまいますよね。


 就職、離職等で健康保険証が切り替わる予定の方、また手続き中のため手元に健康保険証がない方は、必ず受付にお申し出してください。その場合も診療を受けることはできますのでご安心ください。そのようなさいの当院での対応についてお話していきます。


〇保険証を忘れた場合

 保険証が手続き中などで有効なものがお手元にない場合、全額自己負担でお支払いいただき、月内でしたら後日保険証と領収証を持参いただければ、差額をご返金いたします。

 翌月になるとご自身でのお手続きになりますのでご注意ください。


〇申請中や切り替え中の場合

 申請中や切り替え中の際に、社会保険によっては『健康保険被保険者資格証明書』を発行してくれる会社もあります。そちらをご持参いただければ、保険証と同様3割負担にて対応させていただきます。(発行の有無については、お勤め先のご担当者へご確認ください)

 また、後日保険証が発行されましたら、必ず当院へ保険証の提示をお願い致します。


保険証は、初診時及び月初の診療日に提示いただく必要があります。

 保険証により、有効期限に記載されているものもございます。有効期限が切れている保険証は使用することが出来ませんので、必ず新しいものをご持参ください。


 毎月の保険証の提示に、皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。




bottom of page