Blog.

ブログ

検索

 

 前号で紹介させていただきましたが、「肩こり」の原因は多岐にわたる…ということです。厄介な肩こりですが、皆さまに気を付けて頂きたいのは、その肩こりがすぐにでも治療が必要な「危険な肩こり」か、否かの判断です。


 次のような症状があるときは、整形外科できちんと診察を受けることが大切です。


●手のしびれやまひを伴う…首や肩の神経・血管が圧迫されているときの症状です。

●首や肩を動かしていないのに痛む…骨の異常や内臓の病気が疑われます。

●徐々に症状がひどくなる…進行性の病気が考えられ、放置しているとさらに悪くなる可能性が高いです。

●運動をしたときに肩が痛む…狭心症など心臓の病気が疑われます。


 整形外科の診察では、まずは整形外科的な原因なのか、内科など他科の原因の可能性が高いのかを慎重に見極めます。そのためには、肩こりがいつから始まったのか、凝りや痛みの部位や強さ、感じ方や頻度、どのような場合に一番肩こりを自覚するか、姿勢により症状がどう変化するのかなど十分な問診を行います。

 次に、頚椎や肩関節などの動き(可動域)、押さえて痛いかどうか(圧痛点の有無)、運動機能や反射(神経診察)などを診て、そのうえでレントゲンやCT、MRIの画像検査、筋肉に分布する神経の状態を検査する節電図検査など行い、肩こりの原因を突き止めていきます。


 検査で頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症などの病気が見つかった場合は、もちろんそれを治療します。しかし、ここまでお話してきたように、肩こりの原因は多岐にわたり、また原因がはっきりしないケースも少なくありません。そのため一種類の治療法で簡単に治ることもありますが、原因や患者さんの状態に合わせて、複数の治療法を組み合わせていく場合も多いです。ここでは整形外科でよく行われる治療法のいくつかを紹介します。


① 物理療法

 「牽引機器」や「温熱機器」などによる物理療法です。さまざまな医療機器がありますが、筋肉内の血行を改善し疲労物質や発痛物質を取り除く作用や、筋肉を弛緩させる作用が期待され、一般的には継続治療することによってその効果が発揮されます。


② 薬物療法

 一番多く用いられるのは「筋弛緩剤」で、文字通り筋肉を緩める作用があります。筋弛緩剤で効果が見られないときは「消炎鎮痛剤」を使うこともあります。また、抗うつ剤、精神安定剤が効果をあげることもあります。「葛根湯」など漢方薬を処方する場合もあり、体を温め、筋肉の血行をよくすることで症状をやわらげる効果が見込めます。そのほか、神経の修復を助ける「ビタミンB製剤」や「血流改善薬」なども処方されます。


③ 注射療法

 凝りや痛みなどの症状が強い場合や、即効性を期待する場合、各種の「神経ブロック(肩甲上神経ブロック、頸部神経根ブロック、星状神経節ブロックなど)」や、筋肉の凝り固まった圧痛点に施行する「トリガーポイント注射」を行います。持続効果の高い「ボトックス療法」もあります。また、超音波検査機器を用いて頸部の筋肉の間の筋膜部分に、生理食塩水などを注射し、筋膜間の滑りをよくして症状を改善する「筋膜リリース」という治療法も注目されています。


④ 装具療法

 腰痛や膝痛にはコルセットやサポーターが有効なことがあるように、首や肩の凝り・痛みにも装具が効果を発揮する場合もあります。首が動かないようカラーと呼ばれる円筒状の装具を巻くことで痛みを軽減したり、また、ランドセルを背負うように背中に装着し、肩甲骨を持ち上げ首の筋肉を緩め、背筋が伸びた良好な姿勢の維持に役立つ装具もあります。


⑤ 運動療法

 医師と理学療法士が、患者さん一人ひとりの肩の状態、肩こりの原因に合わせて、毎日の習慣として取り入れたい肩周囲に対するリラックス・ストレッチ法、筋トレなどを指導します。肩こりの解消だけでなく、徐々に筋肉が付いて、凝りにくい肩に変わっていきます。


 現代病の典型ともいえる肩こり。慢性化している方も多く「肩こりがない状態が分からない」という声もよく聞きます。なかなか凝りが取れないので、マッサージや鍼灸に通って対処している人も多いと思います。誰かに身体をケアしてもらえば、その時はラクになるかもしれませんが、問題の原因を解決しないことには、また同じ状態が繰り返されてしまいます。


 「たかが肩こり」と我慢したり、「年のせい」「どうせ治らない」あきらめたりせず、整形外科を受診し、一度、自分の首や肩がどのような状態なのか確かめてみてください。治療によって、それまで四六時中、悩みの種であった肩こりから解放されると、患者さんの生活の質は大きく向上します。「肩こりのない状態」をもう一度取り戻してほしいと願っています。


 2月のブログは、連載にしてみました。最後まで読んでいただきまして有難うございました。次回は、物理療法について少し詳しく解説したいと思います。



 

 2019 年の国民生活基礎調査によれば、病気やけがなどで何らかの自覚症状のある者(有訴者)を症状別にみると、男性では腰痛がもっとも多く、第 2 位が肩こり、女性では肩こりが第 1 位で、第 2 位は腰痛となっています。ちなみに、手足の関節痛は男性の第 5 位、女性の第 3 位となっており、整形外科疾患が自覚症状の上位を占め、多くの人が整形外科疾患でお悩みの実態がよく分かります。


 このコラムを読んでいる皆さまも、肩をもんだり叩いたり、首をぐるぐる回しながら「どうしてこんなに凝るのだろう」と悩ましく思っている人も多いかもしれません。今回は、腰痛やひざ、股関節の関節痛並んでお困りの人が多い「肩こり」に関するお話をお届けし、少しでも皆さんの症状の改善にお役に立てればと思います。


 肩こりの明確な定義はないのですが、日本整形外科学会では「首筋、首の付け根から肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じ」とし、「頭痛や吐き気を伴うことがある」としています。つまり、病名というより自覚するいろいろな症状とされています。


 一口に肩こりといっても、首の上部であったり、付け根であったり、あるいは肩から背中手にかけて症状があったりと、人によって症状のある場所が違います。また、その症状も痛みや張った感じ、重苦しい感じ、人によっては「こわばる」「しびれる」と表現する人もいます。


 これは肩こりの原因がたくさんあり、人によってそれぞれであるためで、治療にあたっては個々の原因を探り、それぞれに応じた治療を選択する必要があるということです。


 なぜ肩が凝るのか? 詳しくはこれからお話していきますが、その理由の一つは、重たい頭を支えている首や二本の腕の重さが肩に集中するためだと考えられています。つまり、ふつうに暮らしているだけでも、肩は凝りやすい場所だということです。長時間同じ姿勢でいること、猫背や前屈みなどの悪い姿勢、運動不足、冷えなど、肩こりの発症原因は多岐にわたります。


 診療の現場でもっとも多く目にするのは、頚椎(首の骨)や肩関節に原因となる整形外科疾患がある肩こりです。代表的なものをいくつか紹介していきます。


【頚椎椎間板ヘルニア】

 首からおしりのあたりまでつながっている脊椎は、長い一本の骨ではなく、椎骨というブロック状の骨がいくつかも重なってできています。椎骨と椎骨の間には椎間板という柔らかい軟骨があり、クッションの役割をしています。その椎間板の中身(髄核)がずれて飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。頚椎にも椎間板があるので、この中にある髄核が飛び出すと頸部の神経が圧迫されて、痛みやこり、しびれなどが現れます。


【頚椎症】

 誰でも年齢を重ねるにつれ皮膚にしわができるように、骨にも変化が現れてきます。脊椎でもクッションの椎間板がへたってきて椎骨の間が狭くなったり、その周囲の骨にトゲ(骨棘)が出てきたりして、頚椎の神経を圧迫し、首や肩の痛み、手のしびれの原因になります。症状が軽ければ、肩こりだけのこともあります。


【胸郭出口症候群】

 なで肩の人にも肩こりがよくみられます。なで肩だと重い肩甲骨や上肢が頚椎部の筋肉を下に引き下げており、筋肉が緊張し血流が悪くなりがちです。この首と肩の境目に位置し、血管や神経が通っている部分「胸郭出口」が狭くなり、上肢痛やしびれが生じることもあります。腕を上げると痛みやしびれ、こりを伴うのが特徴で、比較的若い女性に多い傾向があります。


【肩関節周囲炎】

 加齢などによる肩関節の骨や軟骨、筋肉などの変化が重なり、肩関節の腱や靭帯などに慢性的に炎症が起き、肩が痛んで動かしにくくなる状態が、いわゆる四十肩、五十肩です。四十肩、五十肩というのは総称なので、いろいろな病態が含まれていて、肩を挙げるときに働く腱板と呼ばれる筋肉群に石灰が沈着して炎症が起こる「石灰沈着性腱板炎」、この腱板がけがや加齢変化で破れて起こる「腱板断裂」なども、広い意味で四十肩、五十肩に含めることがあります。


首や肩とは別のところに原因があるケースも少なくないです。

 例えば、肺上部の腫瘍や胸膜炎、狭心症や心筋梗塞、高血圧・低血圧、胆石症、肝炎、膵炎で、肩こりが起きることがあります。心臓の病気では左肩への放散痛が特徴的で、胆石や肝炎では右側の肩こりが多いとされています。


 頭痛も肩こりを伴うことが多く、特に頭痛の原因で一番多い緊張性頭痛では頸部、後頭部にかけて凝りが生じます。また、近視や乱視、老眼、眼精疲労などの眼科疾患、メニエール病などの耳鼻科疾患、更年期障害などの婦人科疾患、うつ病や心身症、心理的なストレスなど精神科疾患、顎関節症や不正咬合などの歯科疾患でも肩こりが続くことがあります。


 いろいろ検査をしても、はっきりとした病気や異常の原因が見つからないケースもあります。例えば、仕事や家事をしているときの姿勢がよくないなど、日々の暮らしの中で無意識のうちに肩こりの原因をつくり出しているのかもしれません。また、今の検査技術では分からないほどのわずかな異常、例えば骨や軟骨の変形や血流の減少、筋力の低下やこわばりなどがあって、その影響なのかもしれません。これを医学的には【本態性肩こり】と呼んでいます。


以上、「肩こりの原因」となる代表的な疾患を解説させていただきました。


長くなりましたので、今回はここまでにさせて頂きます。

続きは、2月16日更新予定です。「危険な肩こり」・「整形外科での治療法」について触れたいと思います。有難うございました。




 

  最近、テレビや雑誌等でよく見かける、ロコモティブシンドローム(以下、ロコモ)についてご存じでしょうか。

 

 「言葉は聞いたことがあるけど、詳しい内容は知らない」、「言葉すら聞いたことがない」という方のため、今回はロコモについてとそれに伴う転倒リスクについて説明させていただきます。


 まず第一に、ロコモとは、加齢に伴う筋力の低下や関節・脊椎の病気、骨粗鬆症などにより運動機能(移動機能)が低下し、寝たきりなど介護が必要な状態になっている、またはその状態になるリスクが高い状態を示す言葉です。


 この言葉自体は、2007年に日本整形外科学会が国民にこの実情を理解してもらい、発症を予防しようということで提唱した概念ですが、提唱した後もしばらくは国民への周知、理解を得ることは難しく、13年経った今でも国民の認知度は44.8%、内容の理解度は18.7%(公益財団法人 運動器の健康・日本協会調べ)と決して高い数値とは言えないものとなっています。また、症状に関しても多岐にわたり、関節痛や背部痛、関節や脊柱の機能低下、それによる歩行速度の低下、歩行時の易転倒性などがみられ、大部分の方は自身がロコモであるという自覚がないまま生活をしているということも認知度・理解度が高くない原因の一つであると思います。


 したがって今回は、簡易的に自己チェックが可能な「ロコチェック」を紹介させていただき、何がロコモに当てはまるのかということと、現在のご自身の身体状況を改めて考える時間を作っていただけたらと思います。

 

「ロコチェック」 ①片脚立ちで靴下がはけない ②家の中でつまずいたり滑ったりする ③階段を上がるのに手すりが必要である  ④家の中のやや重い仕事が困難である(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど) ⑤2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である ⑥15分くらい続けて歩くことができない ⑦横断歩道を青信号で渡りきれない    (日本整形外科学会 ロコモONLINE より)

 

 以上、7つの質問が簡易的なロコモの自己チェックになります。日本整形外科学会では1つ以上当てはまればロコモの疑いありとされています。しかし、あくまでも疑いということでロコモであると断定は出来ませんが、もし1つでも当てはまったという方は今からでも予防のための身体作りをしていくことが必要になっていきます。また、ロコモの可能性がある方は今回のタイトルにある通り、屋内外における転倒のリスクが増加し、ケガをしてしまうリスクも高くなる可能性があります。


 では次に、なぜロコモが転倒リスクに繋がるかを考えていきましょう。

 

 まず、転倒リスクとは内的・外的要因、行動要因の3つに大別されます。

1つ目の内的要因とは、加齢変化や身体的疾患、薬物等のその人自身の身体的な問題のことをいいます。

2つ目の外的要因とは、段差や履物など周囲の物的環境の問題のことをいいます。

3つ目の行動要因とは、その人自身の「動きたい」という意思や周囲の「こう動いてほしい」などの意図のことをいいます。


 これら3つの要素が合わさり、転倒予防策を上回っている状態を転倒リスクが高い状態といわれています。また、転倒予防策よりも3つの転倒リスクの要因が大きければ大きいほど外傷のリスクが高まるともいわれています。




 ここで、先程のロコモについても考えてみましょう。


 ロコモとは様々な要因により運動機能が低下した状態のことを指します。ということは転倒要因の1つである、内的要因に当てはまると考えられます。

 

 また実際に、立ち上がりテストや2ステップテスト、ロコモ25等のロコモ度テストと簡易式転倒スコアを比較した実験があり、立ち上がりテストでは167例中117例、2ステップテストでは167例中76例、ロコモ25では167例中121例がロコモに該当し、簡易式転倒スコアでは転倒低リスク群が167例中98例、高リスク群が69例であったとされています。その結果からロコモ度テストの全てにおいて、転倒高リスク群でのロコモ該当者は低リスク群と比較し、有意に多いとされました(坂本和歌子 ほか:ロコモ度テストと転倒スコアの関係,昭和学士会誌 第77巻 第2号:2017)


 この実験にもあるように、ロコモと転倒リスクは密接に関わっており、ロコモの予防が転倒予防を行うために必要な要素の1つであると考えることが出来ます。つまり、ロコモを予防するための運動自体が自身の転倒を防ぐための運動となっており、自身や周囲の介護負担予防のために今後必要になってくると思います。

 

 現在、新型コロナウィルスによって外出を自粛している方も増加し、それに加え降雪や路面凍結による外出控えなどによって身体を動かす機会が減少している方が多くなってきていると思います。そうした自粛生活が長くなるにつれてロコモになってしまう可能性も高くなり、新型コロナウィルスが終息した後に外出しようとしても身体が思った通りに動かず、転倒してしまうということもあるかもしれません。

 

 こうした事態を防ぐために今からでも自宅でできるトレーニング等をしてみるのはいかがでしょうか。当院リハビリではそうした方のために、自宅でできるトレーニングなどのアドバイスをさせていただくことも可能ですので、興味がある方は是非来院していただき、当院医師や理学療法士に相談してみてください。





診療時間:8:45~12:00 / 13:45~17:00

電話番号:011-774-0011

© 2020 Terashima Orthopedic Clinic.

寺島整形外科

〒002-0857 札幌市北区屯田7条8丁目1-11
FAX番号:011-774-1910