Blog.

ブログ

検索


 今回は、私が専門にしている膝にある「半月板」の話です。


 半月板という言葉は、野球選手やマラソン選手、力士などプロアスリートの故障のニュースなどで聞いたことがあると思います。


 半月板は、太ももの大腿(だいたい)骨とすねの脛(けい)骨の間にあり、骨表面の軟骨の摩耗を低減させる組織で、関節の動きを安定化させ、衝撃を吸収するクッションのような役割を担っています。


 半月板は内側と外側に1枚ずつあり、通常は「C」の形(半月板とは呼びますが、むしろ三日月のような形)をしています。その半月板が割れたり、ひびが入ったりする状態を半月板損傷といいます。

 

 半月板損傷の原因は大きく分けて2つあり、スポーツや事故によるものと、加齢による変性です。一般的に、スポーツが原因のものは10〜20代の若い人に多くみられます。キックや体の向きを急に変える切り返し動作、ジャンプした後の着地などが引き金になることが多いです。加齢に伴う変性によるものは40〜50代の中高年に多く、筋力の低下や体重の増加で慢性的に膝に負担がかかることで起こります。


 初期の症状は、歩行時や階段の昇降で痛みがあったり、引っ掛かりを感じたりします。

また、膝が真っ直ぐに伸びない、曲げると痛いなどの症状も出ます。ひどくなると、膝の曲げ伸ばしができない「ロッキング」という状態になります。これは、ちぎれた半月板が関節に挟まって膝が動かなくなる症状で、激痛で歩けなくなる場合もあります。また、炎症を起こして、膝に水がたまることもあります。


 損傷した半月板を放置すると、中高年以降に最も多い膝の病気「変形性膝関節症」を引き起こす要因ともなります。変形性膝関節症は、膝の関節軟骨がすり減り、関節内に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じる病気。加齢や肥満、過去の膝の外傷などが原因とされますが、最近の研究では、半月板の損傷や逸脱が密接にかかわっていることが分かってきました。逸脱とは、けがや加齢により半月板の弾力性が低下し、正しい位置からずれてしまうことで、本来半月板が持っている膝にかかる負担を分散したり、衝撃を吸収したりする役割を果たせなくなり、関節軟骨も傷み始めます。


 国内で変形性膝関節症の自覚症状がある患者さんは約1000万人、潜在的には約3000万人に達するとされていますが、そのうち約半数は半月板に問題を抱えているとみられています。日本人に多いO脚の人は、特に内側の半月板に負担がかかりやすいので要注意です。


 診断は、まず診察で関節や筋肉の状態、膝の動く範囲などをチェックし、続いてレントゲン撮影など画像検査を行います。半月板は、骨組織ではないためレントゲンには写らないので、MRI検査を併用して診断します。MRIでは、半月板の状態のほか靭帯や関節軟骨などの膝内部の構造を調べることができます。


 膝の痛みや違和感が本当に半月板の損傷によるものか、はたまた変形性膝関節症によるものか、すでに両方の病気を発症してしまっている可能性もあります。患者さん一人ひとりの病状・病態に応じた最適な治療を進めていくために、原因となる病気を慎重に見極めていきます。


 最近、膝に違和感を感じた方は、一度整形外科受診をお勧めさせていただきます。


 次号では、治療についてお話しようと思います。


 皆さんは、屋内や屋外を歩いている時に『脚を挙げたはずなのにつまずいて転びそうになった。』ことや、『ちょっとした段差に足を取られて転びそうになった。』という経験はありませんか?

 

 もしかすると原因は足関節や足趾の力が弱くなったからかもしれません。


 『歩くのが大変になってきた。』『つまずくことが増えた。』となったとき多くの方は大腿や臀部の大きな筋肉が弱くなったことを考えると思います。もちろん、それも原因の一つになりますが、実は、足関節や足趾の力が弱化することが原因になっている可能性があります。


 歩くという動作を考えたとき『立脚相』と『遊脚相』という2つの周期に分けられます。立脚相とは踵が地面に接地する『踵接地』から爪先(足趾)で地面を蹴る『爪先離地』まで、遊脚相とは爪先が地面を離れて前に脚を振り出し踵が再び地面につくまでのことを言います。


 爪先離地の際には、爪先で地面を蹴り前方への推進力を得ることが必要になります。そのためには足関節の底屈と足趾の屈曲を行う力が重要になります。この力が低下すると推進力が不足し歩幅が小さくなり歩くことが大変に感じられます。


 次に遊脚相では脚を振り出す際に足関節を背屈(爪先を上げる)することで爪先が段差や地面に引っ掛からないようにすることが大切になります。


 このように歩く動作の中でも足関節や足趾の力が必要になる場面が少なからずあるのです。そこで今回はお家で簡単にできる足関節や足趾の力を強化する運動を紹介したいと思います。


① 爪先上げ運動(足関節を背屈する力を強化)

仰向けに寝た状態か椅子に座った状態で爪先を自分に向けるように上げてゆっくりと戻します。

⇒10回を1セットとして3セット行います。


② 爪先立ち運動(足関節を底屈する力を強化)

椅子に座った状態か動かない物に掴まって立った状態で踵を浮かせて爪先で立ち、ゆっくり戻します。

⇒10回を1セットとして3セット行います。


③ タオルギャザー(足趾を屈曲する力を強化)

椅子に座り足元にタオルを広げます。足趾を屈曲しタオルをたぐり寄せます。

タオルをたぐり寄せるか足趾を15回屈曲させるのを1セットとして3セット行います。


 運動は痛みがない程度に無理をせず行いましょう。回数やセット数は自分の状態に合わせて増減させて調整してください。


 私たちが生活する中で歩くことは欠かせない運動です。しかし、筋力が低下すると歩くことが大変になり転倒する危険性が高くなってしまいます。転倒することで骨折や靱帯損傷、関節を痛めるなど思わぬ怪我をして生活することが困難になることや廃用が進み歩くこと自体が困難になることが考えられます。


 皆さんが健康で元気に歩くことで趣味活動や旅行など楽しく質の高い人生を送ることを私たちは願っています。そのためにも日々、筋力を強化・維持していくための運動を行い、歩く能力を保っていくことが大切になります。


 もしも、関節に痛みを感じて違和感がある場合は無理をせず悪化する前に整形外科を受診することをお勧めします。


参考文献:基礎運動学 第6版補訂 医歯薬出版株式会社


 皆さんは最近、膝の痛みに悩まされていませんか。

 膝の痛みのせいで立ったり歩いたり、階段の昇り降りに支障は出ていませんか。


 膝は加齢や肥満、過度な労働やスポーツによって使い過ぎの状態になると、半月板が傷つき、軟骨が徐々に磨耗していきます。また、負担のかかり過ぎにより何度も炎症を繰り返してしまうと、関節を支える太ももの筋力が低下し、関節周囲の靱帯や筋腱なども硬くなってしまうので、日常の動きがますますつらくなります。


 そこで今回は、“膝に痛みがあるけれど病院にかかるまでもないかな…”と感じていらっしゃる方々の中でも、特に太ももの筋力が低下して膝の関節周囲が硬くなっている方に焦点を当てて、膝の痛みの特徴とセルフケアの方法をご紹介したいと思います。


 まず、膝の状態を判断するのに重要なのは、痛みがでるタイミングと場所を確認することです。安静にしているときの痛みなのか、動いたときにでる痛みなのかを思い返してみてください。


 もし安静にしているときの痛みで、膝全体が腫れて熱をもっているようであれば、関節の中や周囲の組織の炎症が疑われます。また、膝を曲げ伸ばししたときに関節の中で、何かが引っかかるような鋭い痛みがでる場合は、半月板や軟骨などが損傷している可能性がありますので、直ちに医療機関を受診されることをおすすめします。


 一方、立ち座りや歩き始め、階段昇降などの動いたときに膝全体、あるいは膝のお皿まわりに重苦しい痛みが出る場合、膝を支える太ももの筋力低下や関節周囲の靱帯や筋腱などの軟部組織が硬くなっていることが痛みの原因となっているかもしれません。


改めて、膝の痛みの原因を大きく4つに分けて、それぞれの特徴を説明していきます。


(1)膝関節の腫れによるもの

関節内にいわゆる水が溜まった状態で、関節液の増加や組織の炎症があることで痛みが発生します。


(2)O脚・X脚など関節自体の変形によるもの

本来の関節の形が崩れてしまっているため、荷重時の負担が一部に集中してしまい、半月板や軟骨、関節周囲の組織にもストレスが加わって痛みが継続します。


(3)大腿四頭筋を中心とした太ももの筋肉の筋力低下によるもの

膝を安定させる役割を持つ太ももの筋力が低下していると、関節内にかかる圧力が分散されずに一部の組織に集中してしまうことで痛みが発生します。


(4)膝関節の可動域制限によるもの

膝関節を構成する大腿骨・脛骨・膝蓋骨をつなぐ靱帯や筋、腱、滑膜、関節包、脂肪体といった軟部組織の硬化が進行して可動域に制限がでてしまうと、その可動範囲を超えようとする力が加わるたびに痛みが発生します。


 上記の(1),(2)にあたる場合は、できるだけ早く医療機関を受診して医師に相談をしてください。一方(3),(4)にあたる場合は、正しくセルフケアを行うことで痛みを軽減させられる場合があります。


 ここからは(3),(4)に痛みの原因があると考えられる方におすすめするセルフケアの方法をご紹介していきますので、膝の痛みがでない範囲で週3回以上、3ヶ月程度を目安に行ってみてください。


<大腿四頭筋を中心とした膝を支える筋肉の筋力低下に対するセルフケア>

 まずは、痛みのある方の太ももが反対側と比べて明らかに細くなっていないか確認してみましょう。特に膝上で太ももの内側部分の筋肉が落ちてしまっている場合は、以下の方法でしっかりと膝を安定させられるように筋肉を鍛え直すことで、痛みを軽減させることができます。

・イスに座った姿勢で片膝をのばして10秒キープ(5~10セット)

・ 立った姿勢で半分くらいしゃがんだところからゆっくりと伸び上がる:ハーフスクワット(5~10セット)

・膝を軽く曲げて腰を少し落とした姿勢で一歩一歩踏みしめるように10m歩く(5~10セット)


<膝関節の可動域制限に対するセルフケア>

 座った姿勢や立った姿勢で、膝をまっすぐに伸ばしきることができますか。また、力を抜いた状態で両手を使って膝のお皿を柔らかく動かすことができますか。

もし、膝をまっすぐに伸ばしきれない場合や膝のお皿の動きが硬い場合は、以下の方法で関節周囲の柔軟性を取り戻すことで、膝の痛みを軽減させることができます。

・太ももの裏側とふくらはぎの筋肉を両手で柔らかくなるようにほぐす

・膝のお皿が上下左右と滑らかに動くように、両手で柔らかくほぐす

・脚を伸ばして座った姿勢から膝に力を入れながらつま先を反らせて10秒キープ(5~10セット)


 以上のセルフケアを行っても、膝の痛みや症状に変化がみられない場合は、できるだけ早く医療機関を受診して医師に相談をしてください。


最後に、厚生労働省のホームページにも「変形性ひざ関節症の人を対象にした運動プログラム」の中で、「ひざを支える筋肉をきたえる運動」や「ひざの動きをよくする運動」がイラストとともに掲載されていますので、是非こちらも参考にしてみてください。


<参考文献>

日本整形外科学会:変形性ひざ関節症の運動療法

<引用サイト>

厚生労働省:変形性ひざ関節症の人を対象にした運動プログラム