Blog.

ブログ

検索

 



 女性に多い「手指の不調」。痛みや腫れ、変形などの辛い不調にさらされていませんか? 「きっと使いすぎから来る不調だろう」と、簡単に考えてはいけません。

 女性ホルモンの大きな変動が起こる産後・授乳期に一時的に症状が出ることもありますが、この場合は自然治癒することが多いです。


 一方で、40代以降の女性のこのような症状は、「へバーデン結節・ブシャール結節」の可能性があります。原因は不明ですが、閉経による女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の減少による影響があることが明らかになってきました。

 他に、傾向としては手を良く使う人になりやすい、母や祖母がヘバーデン結節になっている人は、体質が似ていることを考慮して、指先に負担をかけないように注意する必要があるといわれています。水分摂取不足(コーヒーや緑茶などのカフェイン入り飲料を好む方に多い)説もありますが、まだ医学的根拠は無いようです。


【症状】

 人差し指から小指にかけて第1・第2関節に炎症がおきる事で痛み、赤く腫れる、指のこわばり、指先に力が入りにくく強く握ることができない、変形など。母指(親指)にもみられることもあります。


 症状には個人差があり、関節軟骨摩耗や関節の隙間が狭くなり徐々に骨が変形し、靭帯も緩むため物をつまむ時など関節がグラグラし、力が入りにくく強く握ることができず日常生活にも支障が出てきます。

 第1関節の近くに水ぶくれのような透き通ったでっぱりができることがあります。これをミューカスシスト(粘液嚢腫)と呼びます。


【診断】

 X線で関節の隙間が狭くなったり、関節に骨棘があればヘバーデン結節と診断されます。リウマチ症状と似ているため、血液検査も行うと確実な診断が出来ます。


【治療】

 安静、保存療法が中心で腫れ、熱感があれば患部を冷やす、強い痛みがなければ軽くマッサージをしたりテーピングしたりなど関節に負担をかけないように固定する。急性期では少量の関節内ステロイド注射をすることもあります。

 手術法には、骨棘切除・関節固定術・関節形成術もありますが、最近では行われないことが多いです。


→以上、簡単ではありますが、「へバーデン結節・ブシャール結節」についてまとめてみました。


 手指の腫脹、疼痛が気になり初めたら、一度整形外科を受診されてみてはいかがでしょうか?



関節が曲がりにくい、関節が腫れている、関節が熱を持っている。


 重いものを持つと手首がズキンと痛む、階段の上り下りで膝がズキンと痛む、お風呂に入る時に全身が痛む。


 起きて10分ぐらいは指がこわばって動かない、手がギシギシする、足首がカチカチでロボットになったみたい、首や肩がギリギリと鳴っているよう、全身がだるくて動きづらい、だるくて力が入らない、体が鉛のように重い。





 こんな症状に悩んでいる方はいらっしゃいませんか? これらを初期症状とする整形外科疾患はいろいろ考えられますが、可能性が高い疾患として「関節リウマチ」が考えられます。「リウマチって、温泉の効能に書いてあるのを見たことがあるけど、どんな病気?」という方も多いでしょう。また一方で、日常の診療で手足や膝が痛む患者さんからよく「リウマチではないでしょうか?」と尋ねられます。今回は、意外と身近にあり、非常にやっかいな病気である関節リウマチについて話します。


 関節リウマチは、関節に起きた炎症によって腫れや痛みが出る病気です。炎症が続くと骨や軟骨が破壊されて、関節の機能低下や変形が進行し、日常生活に支障をきたします。現在、日本には70万〜100万人の患者さんがいるとされ、まれな病気ではありません。男性よりも女性の方が約4倍も多く、発症年齢のピークは30〜50代ですが、60歳以降に発症する方も少なくありません。遺伝病ではないので、リウマチにかかった家族はいないから自分は大丈夫、との思い込みは禁物です。

 冒頭にも挙げましたが、特徴的な初期症状として、朝起きてしばらくは関節が思うように動かない朝のこわばりがみられたり、手や足の関節が左右対称性に腫れたり傷んだりします。また、関節症状だけでなく、微熱が続く、疲れやすい、食欲がないといった全身症状から病気がはじまる場合もあります。


 私たちの体には「免疫」といって、外部から体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを敵と認識して攻撃、破壊し排除する働きが備わっています。この免疫の働きに異常が生じたために、自分の体の中にある細胞を敵と勘違いして攻撃してしまう病気のグループを「自己免疫疾患」といいます。その一つである関節リウマチでは、本来は攻撃してはいけない自分自身の関節を誤って攻撃してしまい、関節を構成する膜である滑膜の炎症や骨破壊を引き起こすわけですが、詳しい原因は分かっていません。


 かつては炎症を上手にコントロールする治療法がなかったため、一生治らずにいずれ日常生活が制限されてしまう病気だと思われていました。仕事や妊娠・出産をあきらめなければならないことも多くありました。いわゆる難病であったわけですが、近年、特にこの20年間ほどで関節破壊の進行を抑える薬が次々と使えるようになったことと、早期診断の精度が向上したことによって関節リウマチ治療は格段の進歩を遂げました。

 「関節の腫れや痛みが取れて、炎症が治っている状態」を「寛解(かんかい)」と呼びます。現在の関節リウマチ治療の重要な目標の一つは、「目標達成に向けた治療(T2T:Treat to Targetの略)」のもと、寛解の達成と維持を目指します。T2Tというのは、日常診療において治療目標を明確にし、戦略的に治療アプローチを展開していくという考え方です。治療目標に到達したあとも、頻回に評価を続け、結果に応じて治療方針を見直していきます。目標を掲げて治療することは、はっきりした目標を持たないで治療するよりも、その後の効果に差があることが明らかになっています。


 それに加えて、痛み・倦怠感・こわばりといった主観的症状を改善し「よりよい毎日を過ごす」ことも目標に加えるべきだという考え方が広がり始めています。痛みやこわばり、倦怠感といった主観的症状が改善されているか、日常生活が送りやすくなっているか、仕事や趣味にしっかりと取り組めているか、精神的負担が膨らみ過ぎていないか、といったことも確認しながら治療が行われるようになってきています。


 患者さんがリウマチを原因に「仕方ない」「無理だから」と思ったりあきらめたりするシーンは依然と比べると格段に減っています。逆に「できること」はどんどん増えています。ただし、治療の効果を最大限に得るには、早期発見・早期治療が非常に重要です。関節破壊が始まってしまってからの治療は、そうでない場合に比べ治療効果が半減するというデータもあります。寛解の達成・維持は可能となりましたが、治療は長期にわたります。大切なのは、整形外科医(リウマチ医)と患者さんが治療のゴールを共有することです。


 診断は、問診に加えて診察で、痛みのある関節と腫れている関節がどのくらいあるかをチェックします。続いて各種の検査を行います。主に血液検査と関節のエックス線撮影です。血液検査では、赤血球沈降速度(血沈)やC反応性タンパク(CRP)といった炎症を示す値が高くなっていないか、関節リウマチで高率に陽性となるCCP抗体(関節リウマチになると関節の滑膜に環状シトルリン化ペプチド(CCP)と呼ばれる抗原物質がたくさん出現し、抗CCP抗体はこの抗原に対してのみ特異的に反応します)、MMP-3(マトリックスメタロプロテアーゼ-3早期関節リウマチにおける滑膜増殖と関節破壊の予後予測のマ-カ-として有用であるといわれている)、リウマトイド因子(RF)などを測定します。


 関節のエックス線撮影では、関節の隙間が狭くなっている所見や、骨のびらん、さらには関節の変形がないかを診ます。こうした診察所見や検査所見から関節リウマチの診断基準に照らし合わせて総合的に診断していきます。典型例の関節リウマチの診断は容易ですが、中には診断が難しい症例もあります。関節リウマチの診断がなされたらすぐに治療を開始します。


 治療の基本は薬物療法ですが、現在多くの薬があり、個々の患者さんに合った適切な薬を選択することが治療の鍵となります。治療中は定期的に状態をチェックし、そして治療目標が達成されない場合は、その都度治療を見直しながら、治療を継続することが重要です。

関節リウマチに用いられる薬は大きく分けて2種類あります。一つは関節リウマチそのものを治療するための薬で「疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD、ディーマード)」と呼ばれます。もう一つは関節の痛みを抑えるための薬です。


 代表的なDMARDは、「メトトレキサート(MTX)」です。MTXは関節リウマチの原因となる免疫細胞の過度な活動や増殖などを改善する効果があります。効果が出るまでの期間が平均2~3週間と早く、いったん薬が効くとその効果が持続しやすいという特徴があるため、関節リウマチ治療の中心的薬剤として用いられています。DMARDは関節を構成する骨や軟骨の破壊が進むことを抑えますが、関節が破壊されることに伴う痛みを直接抑える効果はありません。そのため、関節の痛みを抑えるステロイドや非ステロイド性消炎鎮痛薬といった薬を補助的に用います。


 MTXなどの従来型DMARDの効果がない場合は、「生物学的製剤」や「分子標的型抗リウマチ薬」を用います。生物学的製剤は、最先端のバイオテクノロジー技術によって生み出された医薬品で、特に関節破壊の抑制効果に優れています。最初の生物学的製剤は2000年代初めに認可され、多くの症例で関節リウマチを寛解状態に持ち込むことが可能となりました。とても有効な薬ですが、注射薬しかなく、肺炎や結核などの感染症に注意が必要であること、高価であることが問題点として挙げられます。分子標的型抗リウマチ薬は近年開発された新しい薬です。リンパ球などの免疫細胞内にあるヤヌスキナーゼ(JAK)と呼ばれる酵素の働きを阻害することで、炎症や関節破壊を抑える薬です。生物学的製剤と同等の効果が報告されていますが、新薬であるため長期の副作用、安全性についての実績がまだありません。また、生物学的製剤と同様の費用がかかります。現状では初めに使う薬ではなく、基本薬を十分に使っても効果が不十分な患者さんに使います。


 以上、さまざまな薬がありますが、どれを使うかは、それぞれの患者さんで条件が違います。痛みの程度、痛みやこわばりを感じる部位、炎症の程度、基礎疾患や合併症の有無、年齢や経済状況など、患者さん一人ひとりに合わせて選択する必要があります。

薬物療法の進展により、関節リウマチ治療は目覚ましく進歩し、手術が必要になるケースは少なくなってきました。しかし、受診された時にはすでに関節破壊が進行していたり、治療を継続する中で、薬の効果が乏しく病気の進行をコントロールできなかったりするケースでは、そのまま薬物治療だけを続けていても生活の質を損なうリスクが大きいので、手術という選択肢を勧める場合もあります。

 

 関節リウマチに対する手術治療は大きく二つに分けられます。一つは関節を固定する手術であり、もう一つは新たに関節を形成する手術です。関節を固定する手術は、関節を構成する骨同士をくっつけることで関節を動かなくし、関節の動きに伴う痛みを取り除く方法です。主に手首の関節や手指の関節、そして足首の関節に対して行われます。また、関節リウマチに伴う不安定頚椎(けいつい)に対しても固定術を行うことがあります。

 

 新たに関節を形成する手術は、元の関節の動きを残したまま痛みを取り除く方法です。代表的なのが人工関節置換術です。人工関節置換術は、痛みの原因となっている軟骨を取り除き、代わりに人工関節(インプラント)を入れます。この方法は主に膝や股関節の変形性関節症でよく行われる術式ですが、上肢の肩関節や肘関節に対しても行います。手術が必要といわれたからといって悲観的になることはありません。変形した手や足の指を真っ直ぐにするなど、生活の質を高める手術もあるので、投げやりになったりあきらめたりしないでかかりつけの整形外科医に相談してください。手術も、病気が進行するほど難しくなります。


 「もしかしてリウマチかしら?」と思われたとき、どの診療科を受診すればいいのか悩む方もいらっしゃると思います。かつては整形外科で診ることが多かったのですが、最近は内科でも診る医療機関が増えています。リウマチを専門的に診る病院・クリニックもあります。大切なのは整形外科、内科にかかわらずリウマチの患者さんが数多く通っている、経験豊富な医師に診てもらうことです。もう一つ大切なのは、リウマチの治療は長期にわたるため、長く付き合っていくことを考え、何でも気軽に話せる医師、質問したことに分かりやすい言葉で説明してくれる医師を選ぶことです。かかりつけ医を決めるときもそうですが、医師との相性の良し悪しは無視できないところです。


 最後に、繰り返しになりますが、関節リウマチは一度破壊されてしまった関節を元通りに修復することは難しく、関節の変形や破壊の程度が低い早期に段階にリウマチとの診断を受け、すぐに治療を開始することが何よりも重要です。ちょっとでもリウマチの心配があるなら、悩んでいる時間がもったいないです。早期受診で、リウマチとの未来、付き合い方を変えられる可能性があります。すぐに信頼できる医療機関、医師に相談してください。






 足底腱膜炎、扁平足、外反母趾… 痛みや変形、我慢は禁物!!


 今回のテーマは脚ではなく「足」。足首から下の、英語でいうFoot(フット)の部分です(ちなみに、脚は英語でいうとLeg(レッグ)。太ももの付け根の関節から下全体を指します)。人間の全身には約200個の骨がありますが、その約1/4にあたる52個の骨がくるぶしからつま先までの足に集中して、パズルのように精密に組み合わさり、アーチ状の構造をつくっています。家を建てる際に一番重要なのは基礎(土台)だといいます。土台がしっかりしていないと、時間が経つにつれて、じわじわとほころびが出てくるものです。人間の身体も同様です。足元に多数の骨が精密にかみ合う、石積みのアーチ橋のような構造を備えることで、体重の数倍の重みがかかってもびくともしない強さを持っているのです。


 何らかの原因でこのアーチ構造が崩れてしまうと、足にかかる負担が大きくなり、全身にさまざまなトラブルが起こりやすくなります。例えば、歩行障害をはじめ、変形性膝関節症、腰痛、肩こり、フレイル(虚弱)、サルコペニア(筋力低下)、転倒、心臓病、脳卒中などのリスクが高まります。高齢になっても“歩ける足”を保つには、若い頃から足の健康に関心を持ち、足の痛みやしびれ、違和感を「見逃さない」「放っておかない」「あきらめない」ことが大事。軽視すると寝たきりにも直結する足のトラブルは、早い段階できちんと治療し、重症化を防ぐことが肝心です。


 足のトラブルや悩みを抱えた患者さんはどの診療科に分からずに多くの診療科を回る難民状態になりがちです。近年、診療科の枠を超え、足やフットケアの専門外来を開設したり、「足病専門」を標榜したりする医療機関も増えていますが、近くにない時はまず整形外科の受診をおすすめします。整形外科ではくるぶし、かかとから足の甲、足裏、つま先まで足全部を、筋肉も骨も神経もすべて含めてその総体として診察します。その上で、例えば、糖尿病性の潰瘍や壊疽が疑われれば糖尿病内科や形成外科に、皮膚炎や巻き爪が原因になっていると考えられるなら皮膚科に、というように他の診療科へ紹介する窓口になることも多いです。整形外科を足のトラブルの“よろず相談所”として上手に利用してもらいたいです。


 子どもから高齢者まであらゆる世代の人が悩まされる足のトラブルですが、中でも40代以上の中高年の方が受診されることが多いです。患者さんの悩みとしては「痛い」「しびれる」「疲れやすい」という訴えが大半です。痛みの原因として最も多いのは、朝起き抜けにかかとが痛む「足底腱膜炎」。そのほか、親指が外側に曲がる「外反母趾」、ランナーに多く発症する「アキレス腱炎」などが挙げられます。しびれる原因はなかなか分かりづらいのですが、くるぶしとかかとの間にある神経や血管の通るトンネルが狭くなり、神経が圧迫される「足根管症候群」、足の中指と付け根部分の神経が刺激されて起こる「モートン病」などがあります。足が疲れやすくなる背景には、“土踏まず”がつぶれてしまう「扁平足」があることが多いです。


 足が痛い、しびれる、なんだか疲れやすい、ずっと違和感を感じている。そんな悩みを抱えた患者さんが受診されると、整形外科ではまずは視診や触診によって患者さんの姿勢や歩き方などを確認し、次にその患者さんに必要な検査を行います。骨の形や位置を確認できるレントゲン撮影、筋肉や靭帯など軟らかい組織や、関節の炎症の有無を調べるのに有効な超音波(エコー)検査のほか、状況に応じてCT検査やMRI検査を受けていただくこともあります。こうした問診や検査の結果から総合的に病気・病状を診断し、治療方法を検討していきます(所見によっては他診療科を紹介します)。


 日々、診療している足のトラブルの中でも、特に多くみられるのが「足底腱膜炎」「扁平足」「外反母趾」です。


 朝起きて一歩目、かかとに走る激痛が特徴的な足底腱膜炎。足の裏には、かかとの骨から足先にかけて足底腱膜という線維の束が扇状に伸びていて、土踏まずのアーチ構造を支え、歩くときの衝撃を和らげる役割を果たしています。ところが、歩きすぎや立ち仕事など長年の負荷の繰り返しによって、足底腱膜とかかとの骨がつながっている部分が傷んだり、炎症を起こしたりして痛くなることがあります。これが足底腱膜炎です。朝痛むのは、寝ている間に硬くなった腱膜が急に伸ばされるためで、しばらくすると腱膜が緩んで痛みは軽くなります。痛みが長引くケースもあり、毎朝の激痛に耐えかねて受診される方が多いです。治療法は、腱膜やアキレス腱のストレッチが基本。かかとにかかる負荷を分散させるインソール(中敷き)を靴に入れるほか、炎症を抑えるステロイド注射や鎮痛剤を使うこともあります。それでも改善しない重症の場合は、傷んだ腱膜の一部を切り離す手術も選べます。また、一部の医療機関では、結石を壊す治療でも使う衝撃波を患部に当て、痛みを伝える神経を壊したり、傷んだ腱膜の修復を促したりする治療も行われています。足底腱膜炎の原因や症状を十分理解した上で、自分に合う治療法を選択することが大切です。


 扁平足は、「子どもの土踏まずが小さい」と気にする親御さんも多いですが、必ずしも病的な状態ではなく、成長に伴って解消することが多いです。子どもの場合、痛みを伴わなければほとんど問題になりません。


 一方、早期発見が欠かせないのが、老化に伴う“病的な”扁平足です。中高年の扁平足で特徴的なのは「外反扁平足」と呼ばれるケースです。扁平化が進んだ結果、かかとの骨が内側に傾いてしまったものをいいます。アーチの一番高い場所にある舟状骨(しょうじょうこつ)を支える後脛骨(こうけいこつ)筋が弱ったり、切れたりして体重を支えられなくなるのが原因です。足の裏が痛むだけでなく、歩き方が不自然になって肩や腰、膝など全身に悪影響を及ぼします。初期の段階で発見できれば、装具や靴で治りますが、気付かずに発見されたときは悪化して手術が必要というケースも少なくありません。


 患者さん自身が病的な扁平足かどうか判断するのは難しいですが、歩くと異常に疲れたり、足裏の痛みが長引いたりするほか、タコやウオノメができやすいといった症状があるときは一度、整形外科を受診してください。


 足の親指が変形して曲がり、傷んだり腫れたりする外反母趾。足の形に合っていないハイヒールや、先のとがった靴を履き続けることが主な原因です。扁平足や、足の横幅が広い「開張足」も外反母趾の誘因となります。女性の患者さんが圧倒的に多いですが、男性や子どもにも発症します。悪化すると、出っ張った親指の根もとが靴に当たって痛みます。歩行や起立のたびに痛みを感じ、痛みをやわらげようとおかしな立ち方、歩き方をするようになり、全身をねじるために肩こりや腰痛を引き起こすことになります。

 

 治療は、軽度・中程度の場合は、靴の指導や足の筋肉を鍛える運動療法、足の指の間を広げる装具などを使う装具療法が基本です。重度になると手術となります。外反母趾ぐらいと軽く考える方が多いですが、歩くのが苦痛になれば生活の質は大きく下がります。中程度・重度であれば、治療を受けても痛みが消え、普通に歩けるまでには数カ月間かかります。痛みが出る前、軽度のうちに変形に気付き、対処することが何よりも大事です。


 足に痛みや違和感があっても我慢して、ぎりぎりまで悪くなってから病院に来られる方が多く、よくぞこの足で長年生活してこられた」と驚くこともあります。どうか体が(足が)発するSOSのサインを見逃さないでください。


・歩くと足が痛い

・歩きにくさを感じる

・歩くと異常に疲れる

・足がしびれている

・足に変形がある

・足が冷たい

・タコ、ウオノメがある

・外反母趾、開張足かもしれない


 繰り返しになりますが、足の健康は全身の健康に大きく影響します。

上記の症状に当てはまる方はもちろん、足にちょっと気になることがあったり、靴選びで迷ったりしたときは、信頼できる整形外科を受診して相談してください。