検索

札幌市の子ども医療費助成制度について‥

 


  札幌市では以前から未就学児の医療費が助成されていましたが、令和2年4月から段階的に助成範囲が拡大されており、令和3年4月より小学6年生までのお子さまが医療費助成の対象となりました。(※所得制限により対象とならない場合があります。)


 通院・入院費ともに保険診療の自己負担分を札幌市が助成します。初診時には医科580円、歯科510円の一部負担金が発生しますが、医科、歯科の再診・調剤薬局・柔道整復・はり・きゅう・マッサージの場合は0円となります。


 子ども医療費助成の対象となる方には令和3年3月下旬頃に札幌市より受給者証が送付されております。当院受診の際は健康保険証と札幌市子ども医療費受給者証の両方をお持ちになり、窓口にご提出ください


 万が一、受給者証をお忘れの場合、窓口で2割~3割分をご負担いただくかたちになりますが、後日役所にてお手続きしていただきますと差額が戻ります。


 子ども医療費助成制度について、詳しくは札幌市のホームページに記載されておりますので、そちらをご確認ください。


【札幌市・子ども医療助成のHP↓】

https://www.city.sapporo.jp/hoken-iryo/iryojosei/nyuyoji.html


 また、北海道では各自治体で子ども医療助成を行っておりますので、お住まいの自治体にお問い合わせください。各自治体により助成対象の範囲は異なりますが、道内にお住まいで受給者証をお持ちであれば、窓口に受給者証をお持ちいただくと一部負担金(医科580円、歯科510円)のお支払いで受診をすることができます。


 これらの受給者証は北海道内でのみ有効となりますので、もしも道外の医療機関にかかる場合は2~3割分を一度負担することとなります。道内にお戻りになった後にお住まいの自治体でお手続きしていただくと差額が戻りますので、領収書と明細書を無くさないようお気をつけください。



最新記事

すべて表示