検索

装具(サポーター)代金のお支払いと、払い戻しお手続きにつきまして‥

 


 当院では骨折、靭帯損傷、捻挫などの怪我や扁平足などで医師が必要と判断した場合、装具(サポーター)を作ることができます。

 その際オーダーメイドですと700点(主に腰のコルセットを作る場合)、レディメイド(手首や足首・膝など)やインソールだと200点の診療点数がかかり、このほかに装具代を負担していただくことになります。

 装具代は、患者様に一旦全額(10割)ご負担していただきますが、払い戻しのお手続きをしていただきますと、負担割合に応じて7~9割が振り込みで払い戻しされます。

装具(サポーター)代のお支払いについて

 患者様から義肢装具屋さんへ直接、現金かお振込みでお支払いいただいております。その際は先述した通り、一旦全額(10割)のお支払いとなります。

 お支払いしていただくと、装具代の領収書と装具の証明書を発行いたします。それぞれ義肢装具屋さんと病院から発行され、患者様に直接お渡しいたします(お振込みの場合は郵送でのお渡しなります)。この書類をもって後日払い戻しのお手続きをしていただく形になります。

払い戻しのお手続き方法

・国民健康保険(国保)の場合

 装具代の領収書と装具の証明書、このほかに患者様の保険証、印鑑(認印でも可)と通帳などの銀行口座のわかるものをお持ちになって、お住まいの地域の市役所または区役所の健康保険の窓口へ提出しお手続きをしていただくと後日お振り込みにて払い戻しされます。

・全国健康保険協会(協会けんぽ)の場合

 装具代の領収書・装具の証明書のほかに、療養費支給申請書(患者様へお渡しもしていますが協会けんぽのホームページよりダウンロードも可能です)を記入の上、3点セットでご加入の協会けんぽの支部へ郵送していただくと後日お振り込みにて払い戻しされます。

ご加入の協会けんぽの支部がわからない方は、保険証の下部に支部名と住所の記載がありますのでそちらをご確認ください。

・その他組合など

 装具代の領収書・装具の証明書を職場の健康保険の窓口に提出していただき所定のお手続きをしていただく形になります。

 わからないことや詳しく聞きたいことなどありましたら、当院受付窓口までお気軽にお問い合わせください。




診療時間:8:45~12:00 / 13:45~17:00

電話番号:011-774-0011

© 2020 Terashima Orthopedic Clinic.

〒002-0857 札幌市北区屯田7条8丁目1-11
FAX番号:011-774-1910