検索

ハイドロ(筋膜)リリースとは?   -脚光を浴びる、筋肉の痛みに対する新しい治療法-

 



 近年、肩の痛みや肩こり、腰痛などの治療法として注目されているのが、「ハイドロ(筋膜)リリース」です。


 ハイドロリリースがどんな治療法なのかを説明する前に、「トリガーポイント」という用語についてお話します。トリガーとは「引き金」という意味で、トリガーポイントは痛みを起こす引き金となるポイントのことです。


 トリガーポイントは、長い時間、同じ姿勢でいる習慣を持つ人に多く見られます。長い時間同じ姿勢でいると、筋肉が緊張し収縮した状態になります。筋肉が収縮すると毛細血管が圧迫されて血行が悪くなり、神経や筋肉へ運ばれる栄養素や酸素が減少します。さらに老廃物の蓄積や筋肉の酷使、損傷が重なると、神経が異常に興奮した状態となり、炎症物質が放出されます。これがトリガーポイントのできた状態です。


 肩や腕、腰などに慢性的な痛みがある場合、押すと痛みが広がる<硬いしこり>のようなものがあります。これがトリガーポイントです。これまでの研究から、トリガーポイントは筋肉などを包む「筋膜」という白い膜が厚くなっている部分に多く存在していることが分かってきました。また筋肉のこりや、運動後の筋肉の痛みの多くは、筋膜が関係していることも明らかになってきました。


 筋膜は、筋肉だけでなく、骨や臓器、神経、血管など体中のあらゆる構成要素を傷付けないよう包み込みながらつながり、それらの位置を保つ働きをしています。何層もの膜で構成される筋膜がスムーズに動くことで、筋肉や関節がうまく動きますが、同じ姿勢を続けたり、筋肉を酷使したり、あるいはストレスなどで緊張した状態が続いたりすると、筋膜同士や筋膜と筋肉、筋膜と他の組織が癒着して、硬直し、<こり>のような状態になります。筋肉を動かせる範囲が狭くなり、癒着部分が炎症などを起こし、トリガーポイントとなって痛みを引き起こします。


 そこで、筋膜の癒着をリリース(はがすこと)して元の状態に戻すことで、スムーズに動かせるようにするのがハイドロリリースという治療法です。


 具体的には、超音波診断装置(エコー)で患部を確認しながら、癒着部分に生理食塩水などを注射器で注入して筋膜をはがします。分かりやすく例えると、ラップが何枚も重なっているような状態なので、間に水を注入して1枚ずつはがすようなイメージです。痛みはほとんどなく、治療にかかる時間は、外来診療で、数分で終わります。


 近年、エコーの解像度がとても良くなり、筋膜が厚く重なっている部分がはっきりと白い層として映るようになりました。トリガーポイントのある場所、筋膜の癒着している部分に確実に薬液を注入することができ、痛みも速やかに解消することが期待できます。


 また、注射の時に血管や神経を傷付ける心配もありません。被ばくもなく、患者さんの負担の少ない低侵襲な治療といえます。数年来、激しい肩の痛みや腰痛に悩まされていた患者さんが、月に1、2回程度、ハイドロリリースを受けたところ、ほとんど痛みを感じなくなり、正常の生活が送れるようになって、旅行やスポーツもできるようになったという喜びの声も多く聞かれます。


 ハイドロリリースと並行して、リハビリを行うことで、筋肉などの動きをスムーズにしてバランスを整え、より治療効果を上げることが望めます。ハイドロリリースで最初の痛みが取れても、同じような姿勢や生活習慣を続けていると、また痛みが生じる場合もあるので、リハビリを併用することも重要です。


 ハイドロリリースの対象となるのは肩の痛みや肩こり、腰痛ですが、ほかに肘関節痛や膝関節痛、頸部痛、手のしびれなどにも応用されています。この治療法が有効なのは、筋膜にトリガーポイントがあることが原因のものです。もし、まったく効果がない場合は、痛みの原因がトリガーポイント以外にあることが考えられます。


 新しい治療法なので、まだ解明しなければならない点もありますが、整形外科領域のさまざまな痛みの治療に応用できるため、今後さらに広がっていく可能性があります。


 ハイドロリリースは、当院でも昨年4月より症例を限定して施行しており良好な成績を収めております。どの医療機関、整形外科でも受けられる治療ではありませんが、ブロック注射などと同様に、保険適用の治療ですので、安心して受けていただけます。


 画像診断をしても原因のはっきりしない肩や腰の痛み、筋肉や骨格系の痛みや、何らかの治療を受けているのに慢性的な痛みが取れず、悩んでいる方がいらしたら、ぜひ一度、諦めずに相談に来ていただきたいです。




診療時間:8:45~12:00 / 13:45~17:00

電話番号:011-774-0011

© 2020 Terashima Orthopedic Clinic.

〒002-0857 札幌市北区屯田7条8丁目1-11
FAX番号:011-774-1910